大山日ノ丸証券

DAISENHINOMARU SECURITIES.CO.,LTD

お問い合わせ

株式投資のリスクと対応方法

株式投資のリスクとは

株式投資には、値上がり益や配当金、株主優待などの魅力がある一方、気をつけなければならないリスクも多いのです。たとえば、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります。投資した金額以上の損失はありませんが、必ず儲かる商品ではありません。

リスクと上手につきあうためには

株式投資は資産を増やすための有効な手段ですが、リスクについてしっかり理解したうえで、自己責任で投資を行うことが大切です。では、リスクを軽減させるための有効な投資方法とはどのようなものがあるのでしょうか。

分散投資でリスクを軽減

時間の分散

一度に投資資金を全額投資するのではなく、何回かに分けて投資したり、毎月一定額を積み立てみるなど、購入時期を分散させることによって、一度に投資するよりも購入価格を抑える効果が期待できます。

銘柄の分散

一つの銘柄への集中投資は、株価が上昇しているときはよいのですが、値下がり時には損失が大きくなってしまいます。そこで、複数の銘柄に投資することで、ある銘柄の値上がりが別の銘柄の値下がりをカバーすることが望めます。異なる業種の企業を組み合わせることによって、お互いの値下がりリスクを相殺するようにします。さまざまな経済変動に耐えられるようバランスを考えながら組み合わせてみましょう。

長期の保有

毎日の株価を見ることも大切ですが、数年後を予測し、中長期にわたり運用すると、変動リスクが小さくなる傾向があります。当初の狙い通りに株価が上昇しなくても、そのまま持ち続けていられる余裕がほしいものです。

株式投資はゆとりをもって余裕資金で行いましょう

生活費や使う予定がある資金での株式投資は止めましょう。いい銘柄が見つかったけど資金が足りない・・・そんな時は、縁が無かったと見送る心の余裕も必要です。余裕資金でゆとりを持った心構えの投資ライフをお過しください。

株式の新着情報

金融商品等の取引に関するリスクと諸費用について

金融商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格等の変動等による損失が生じるおそれがあります。

手数料等およびリスクは、商品等ごとに異なりますので、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面または目論見書等をよくお読みください。

上場有価証券締結前交付書面