大山日ノ丸証券

DAISENHINOMARU SECURITIES.CO.,LTD

お問い合わせ

信用取引

信用取引とは

信用取引ってなに?

信用取引とは、証券会社から現金や株券を借りてそれを元手に株式を売買する取引のことです。最大預けた担保の評価額の約3倍まで株式の取引ができます。

信用取引には、「制度信用取引」と「一般信用取引」の2種類があります。当社では、一般信用取引はお取扱いしておりません。

信用取引は、多額の利益が得られることもある反面、多額の損失が発生する可能性をも併せ持つ取引です。したがって、取引を開始する場合または継続して行う場合には、取引の仕組みやリスクについて十分に把握するとともに、投資者自らの資力、投資目的及び投資経験等に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任において行うことが肝要です。

売買の仕組み

株式を買う(信用買い)買建

信用買いとは、保証金を担保に証券会社から買い付け代金を借りて株を買うことをいいます。決済方法は2種類あり、信用買いした株券を返済のために売却して「決済」を行う方法と、信用買いした株券の代金を支払い、株の現物を引き取る「現引(げんびき)」という方法があります。

株式を売る(信用売り)売建

信用売りとは、保証金を担保に証券会社から売付け株券を借りてその株を売ることをいいます。決済方法は2種類あり、信用売りした株券を返済のために買い戻して「決済」を行う方法と、信用売りした株券と同じ銘柄・同じ株数を証券会社に引き渡して借り株を返済し、売付けの代金を受け取る「現渡(げんわたし)」という方法があります。

信用取引にかかるコスト

信用取引には、売買手数料のほかに、金利・貸株料など信用取引だけのコストがあります。 詳細は信用取引契約締結前交付書面をご確認ください。

信用取引の魅力

信用取引は、資金や株式を借りて元手以上の売買を行う取引です。一言で言い換えると「借りて取引を行う」ことです。信用取引を活用すると以下のメリットを享受することができます。

魅力 ① 資金の最大約3倍までお取引可能です

信用取引の魅力は、手元資金以上の取引を行うことが可能なため、少ない資金でより大きな利益を狙うことができるというところです。現物株式取引では手元資金の範囲内でしか取引することはできませんが、信用取引では約3倍まで取引することが可能です。

ただし、大きな金額の取引をするほど、わずかな株価の変動で大きな利益を狙える半面、損失も大きくなります。

魅力 ② 下落相場でも「売り」から始められます

信用取引の魅力のもうひとつは、保有していない株式でも「売り」から取引ができることです。上げ相場だけでなく下げ相場でも利益を狙うことが可能となり、投資のスタンスの幅を広げることができます。

魅力 ③ 保有株式も担保として有効活用できます

長期保有している株などを、信用取引の代用有価証券としての活用が可能です。株式を委託保証金として利用することができるので、長期保有株も保有したまま有効活用できます。

信用取引を駆使した取引手法例

手法例 ① つなぎ売り

相場の下落が見込まれる局面において、 保有している「現物株」を売らず、同じ銘柄を「信用取引で空売り」することで値下がりのリスクを回避しようとする取引手法です。

手法例 ② ペアトレード

ペアトレードとは、よく似た動きをする2つの銘柄の割安な銘柄を「買い」、割高な銘柄を「空売り」、ペアを組む投資手法です。株式相場がどのように変化しても影響を受けにくい取引手法です。

株式の新着情報

金融商品等の取引に関するリスクと諸費用について

金融商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格等の変動等による損失が生じるおそれがあります。

手数料等およびリスクは、商品等ごとに異なりますので、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面または目論見書等をよくお読みください。