大山日ノ丸証券

DAISENHINOMARU SECURITIES.CO.,LTD

お問い合わせ

投資信託のリスク

「リスク」とは一般的に「危険」という意味ですが、投資の世界では、リターン(損益)の変動の大きさをいいます。

投資信託は値動きのある株式や債券に投資し、運用します。つまり、株式や債券と同じようにリスクがあり、投資信託の基準価額(投資信託の値段のこと)は、株式市場や債券市場の動向により変動します。

投資信託にはどのようなリスクがあるか見ていきましょう。

元本保証がない

投資信託は預貯金などとは異なり、元本が保証された商品ではありません。運用実績次第で、購入した価格より値下がりして損失を被る場合があります。投資信託を購入する前には、投資しようとしているファンドにどのようなリスクがあるのかを十分理解しておく必要があります。以下に主なリスク例をあげます。

価格変動リスク

投資信託は、国内外の株式や公社債等の値動きのある証券を投資対象とするため、当該資産の市場における取引価格の変動や為替の変動などにより基準価額が変動します。これにより投資元本が割り込み、損失を被る場合があります。

為替変動リスク

外貨建て資産に投資する投資信託は外国為替相場の変動などにより、円換算でのお受け取り金額が減少するおそれがあります。これにより円換算で投資元本を割り込み、損失を被る場合があります。

信用リスク

組み入れた株式、債券および商品等の発行者の倒産など、発行会社の財務状態の悪化あるいはそれらに関する外部評価の変化などにより基準価額が下落することがあります。これにより投資元本を割り込み、損失を被る場合があります。

流動性リスク

有価証券の時価総額が小さくまたは取引量が少ないとき、市況が急変したとき、取引所が閉鎖されたときには、有価証券の売買価格が通常よりも著しく不利な価格となることや有価証券の売却ができなくなる場合があります。このような場合には、ファンドの基準価額が下落し、損失を被る可能性があります。

カントリーリスク

外国の外貨不足などの経済的要因、外国政府の資産凍結などの政治的理由、外国の社会情勢の混乱などの影響で、ファンドの基準価額が下落し、損失を被る可能性があります。特に、エマージング諸国は、主要先進国と比較して高い経済成長が見込まれる半面で、経済・政治・社会情勢等で脆弱または不安定な側面があることから、カントリーリスクが主要先進国に比べ高くなる傾向にあります。

コストがかかる

投資信託は、購入時・運用中・売却時、それぞれに手数料がかかります。 なお、各種手数料は投資信託ごとに異なります。お申し込み前にしっかりと確認するようにしましょう。

投資信託の費用の一覧(例)

費用名 時期 支払い方法
(直接・間接)
費用の内容
購入時手数料 購入時 直接支払います。 購入時に証券会社などの販売会社に支払う費用。申込金額に応じた手数料を支払います。
運用管理費用
(信託報酬)
保有時 投資信託の信託財産から間接的に支払われます。 運用コスト、報告書作成費用や資産保管費用などをまかなうため、投資信託の保有中に投資家が負担する費用。目論見書などに年率何パーセント支払うのか記載されており、日割り計算されて日々の基準価額から差し引かれます。
監査報酬 保有時 投資信託の信託財産から間接的に支払われます。 投資信託は原則決算ごとに、監査法人などから監査を受ける必要があり、その監査にかかる費用です。
売買委託手数料 株式などの売買時 投資信託の信託財産から間接的に支払われます。 投資信託が投資する株式などを売買する際に発生する費用。発生の都度、間接的に徴収されます。運用の結果発生する費用ですので、事前にいくらかかるのか示すことはできません。
信託財産留保額 換金時 直接支払います。 投資信託の解約時にかかる費用です。この費用は販売会社の収益になるわけではなく、引き続き投資信託を保有する投資家が不利益を被らないよう、運用資産に組み入れます。投資信託によって差し引かれるものと差し引かれないものがあります。

投資信託の新着情報

金融商品等の取引に関するリスクと諸費用について

金融商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格等の変動等による損失が生じるおそれがあります。

手数料等およびリスクは、商品等ごとに異なりますので、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面または目論見書等をよくお読みください。